複数バージョンのnode.jsを管理する(nave)

2013年4月15日

node.jsのバージョンアップサイクルは割と短い為、バージョン管理システムを利用して管理したほうが便利です。
今回はnaveを利用します。

gitからcloneします。適当なディレクトリでOKです。


nave.shというファイルが保存されます。このshを実行してnode.jsのバージョン管理をします。
まずは何も考えずに./nave.shしてみましょう。下記のヘルプが表示されます。


簡単に和訳しておきます。


という事で、使用する場合は

などとすればOKです。その時点で環境変数に登録され、nodeコマンドが利用出来るようになります。

カテゴリー: node.js   パーマリンク