tomcat6のインストール

2013年4月15日

今回はTomcatをyumでインストールします。
特にコツはありませんが、備忘録代わりに。CentOS 6を想定しています。

下記を実行すると判りますが、tomcat関係のパッケージは色々とあります。


しかしとりあえずは下記のみ入れておけば良いかと思います。


起動スクリプトでtomcatを起動します。


さてブラウザでhttp://サーバーのIPアドレス:8080/にアクセスしてみましょう。
下記のような画面が見えればOKです!
1

ただ、このままではtomcat managerにログインすることが出来ません。
下記のファイルを変更しましょう。

例えば

のようにroles=managerの行を足してあげます。

Tomcatをリスタートします。


再度8080にアクセスし、左側のメニューにあるStatusやTomcat Managerをクリックします。
Basic認証にはtomcat-users.xmlのID/PWを入力します。

どうですか?アクセス出来ましたか?
今回は以上です。


カテゴリー: java   パーマリンク