GAの新バージョン – Universal Analytics

2013年6月4日

2013年より、google analyticsの最新バージョンとしてUniversal Analyticsというものが使えるようになりました。まだβですが。今回はその新機能を少しだけ見てみたいと思います。

まず新しいプロファイル作成時に選択できるようになりました。
選択

つい先日までpageTracker._trackPageview();とやっていた気がしますが、時が経つのは早いですね(汗

貼り付けるコードは下記のようになりました。


よりシンプルになった感じがします。

セッション設定タブを開くと下記のような画面がでます。これは現在のタグでも「アプリ埋め込み型」のタグでは出てきていたかもしれません。
キャプチャ

その他、下記ページを参照しますと
https://support.google.com/analytics/answer/2790010?hl=ja

機能設定の簡略化

これまで開発環境でのみ利用可能であった設定オプションが Google アナリティクスの管理画面からもご利用いただけるようになりました。アナリティクス アカウントの管理画面から制御できるようになった設定オプションは次のとおりです。
  • オーガニック検索ソースのカスタマイズ
  • セッションとキャンペーンのタイムアウトの処理
  • 参照の除外
  • 検索キーワードの除外
  • モバイル アプリ解析に関する設定
  • カスタム ディメンションとカスタム指標に関する設定

というような事も書かれておりますね。

しかしUniversal Analyticsの本質はその辺りには無いようです。
もう少し詳しく判明した時に、続編を書きたいと思います。

本日は以上です。

カテゴリー: Google   タグ:   この投稿のパーマリンク